小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

小顔効果のある色とは?服の色で顔が小さく見える♪

      2016/04/15

imageこんにちは!!愛子です♪

小顔に見えるマフラーの記事の時に、マフラーの色選びも重要だよ!っと少し書きましたが、服の色も小顔に見えるような色があります。

 

色の効果を使ってしまおうという作戦です♪

 

どうしても好きな色や合わせやすい色の服を選びたくなりますが、これからは、小顔に見える色で選んでみるというのもありかもしれません(*^_^*)

 

では、服で小顔に見える色を調べてみたのでご紹介します♪

 

スポンサーリンク

 

服で小顔効果のある色とは?

小顔に見える色を考える際、注目するところは2つ。『膨張色か収縮色か』『明るめか暗めか』ということです。

 

もう読んで字のごとくなのですが、『膨張色』は、実際の物体よりも、大きめに膨張して見える色のことです。暖色系の明るめの色で、レッド、イエロー、オレンジ、ベージュなどです。淡いパステルカラーも膨張色です。明るい色は比較的膨張して見えます。

 

『収縮色』もそのまんま、実際の物体よりも小さく収縮して見える色です。収縮色は寒色系の青、青緑、青紫などの青系統の色、黒、焦げ茶などの暗めの色がそうです。

 

 

色を小顔に活用するには

この『膨張色』を使うことにより小顔に見える効果があります。

 

収縮色の服は、体を実際より収縮してみせるため、体をほっそり、小さく見せる効果があります。

 

痩せて見えるというメリットがあるのですが、顔との差が目立ちやすくなります。そして、視線が顔にいきやすいですので、顔の大きさに注目してしまいます。

 

反対に、膨張色の明るめの暖色系の色を使ったり、パステルカラーなどの柔らかい色を使うことにより、視線を顔よりも服の方に誘います。それにより、顔を小さく見せる効果があります。また、膨張色なので、体が膨張して見えることになりますが、その分、体との差で顔が小さく見えます。

 

すごく痩せている方は、収縮色を着ると、より細くみえて顔の大きさが目立ちやすくなります。ですので、膨張色を着たほうが柔らかく印象になり、小顔効果があるのでおすすめです。

 

逆に、体型が太っているなぁと気になる方は、膨張色でも、縦長に見えるようなデザインの服にしたり、ネックレスのチェーンが長めなものや、デザインを縦長のものにしたり、ボトムを暗めの色にしてみたりするといいと思います。首周りがVネックのものなども、スッキリみえます(*^_^*)

 

そのほか、服に明るめの柄が入っていたり、目を引くようなデザインが入っているような服も視線を誘うのでおすすめです。

 

 

もし黒などの暗めの服をきるのであれば、今時期なら明るめのマフラーやストール。またはアクセサリーなどをつけて、視線をそちらに誘ってもいいと思います(*^_^*)

 

参考どうぞ♪
→『マフラーの小顔効果は色選びも重要!最適な4つの巻き方♪』

→『アクセサリーも小顔効果あり♪顔型別、似合うアクセの選び方♪』

 

髪色は暗めのほうが小顔効果あり!

逆に髪色は、収縮色の暗めのほうが、小顔効果があります。

 

金髪や、暖色系の明るい色だと、膨張色なので、顔に視線を誘いやすく、更に膨張させて見えてしまいます。なので、ダークブラウンや黒髪、アッシュ系の色などがおすすめです。

 

もしくは、明るいの髪色でも、顔周りは暗めの色、中の方を暗い色など、少し濃淡をつけるのもおすすめです。

 

私も以前、顔周りに暗めの色を入れてました(*^_^*)顔も小さく見えるし、少しクールな感じになってとても気に入ってました♪

 

近々、小顔にみえる髪色について、詳しくまとめてみたいと思います♪

 

 

まとめ

私は黒が大好きで、黒っぽい服ばかりきてましたが、完全に間違っていましたね(;´Д`)

これからは、明るい服をきてみたいと思います。相手の印象もそのほうがよさそうですしね(*^_^*)

 

◆こちらもおすすめです◆




 - 小顔の服装、アクセサリー