小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

アルコールで顔にむくみが!解消とお酒を飲む際の予防法4つ

      2016/04/15

imageこんにちは!!愛子です♪

あなたはお酒をよく飲みますか?

私もお酒は弱いですが、たまに飲みます(*^_^*)

お酒を飲んだ次の日、顔のむくみが出現しちゃいますよね。もう輪郭ぼんやりして、目が小さくなってます(;´Д`)

 

小顔を目指すためには、顔のむくみにも注意していかないといけません。

というわけで、今回は、お酒を飲んだ次の日のむくみ対策に注目します。アルコールでむくむ原因、解消法を調べてみました♪

 

スポンサーリンク

 

アルコールでむくみが出る原因

お酒を飲むと、何故次の日に顔がむくんでしまうのか?

原因としては、4つあります。

 

お酒で朝のむくみが出る原因4つ

お酒のお供のおつまみが塩分が高いから。

塩分が高いものって、美味しいですよね、お酒を飲んでいる時ならなおさら美味しいです。

 

ですが、そのおつまみの塩分がむくみの原因の一つになります。

塩分が高いものを摂り過ぎてしまうと、体の中の塩分濃度が高まります。体は、高くなった塩分濃度を調節しようとして、水分を保持しようとします。

結果むくみにつながります。

 

お酒のせいで水分を飲み過ぎてしまうから

お酒は肝臓で分解されます。アルコールを分解するのに、水分が必要になりますので、お水が飲みたくなります。

お水を飲むときに、体に吸収される前に、どんどん飲み過ぎてしまい、結果、余分な水分でむくみになります。

 

アルコールを分解するのに体が追いついていないから

飲み過ぎた場合などは、これも原因になってきます。アルコールを分解するのに、体が追いついていかなくなり、体内の余分な水分、老廃物も残りがちになり、むくみになります。

 

夜に飲むから

お酒を飲むのは、夜のことが多いですよね。夜に飲むと、仕事の疲れもあったり、酔っ払っていて、すぐに寝てしまいがち。

 

ですが、アルコールや老廃物、余分な水分が排出される前に寝てしまうことが多いため、寝ている間に、体のむくみになってしまいます。

体を横にすると、顔にも水分がいき、むくみになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

次の日にむくまないために!予防法4つ

では、お酒を飲む際に、次の日に顔のむくみが出ないようにするためのポイントを調べてみました♪

これを気にするだけでも全然違うと思います。もちろん、顔だけでなく、足などの全身のむくみ解消へとつながります(*^_^*)

 

お酒のおつまみは、塩分控えめのものを

塩分や濃い味のおつまみを控えましょう!

 

『えええええヤダー(´;ω;`)』

って感じですよねw
だって、私も濃い味も塩辛いのも大好き、焼き鳥も大好物のポンポチも塩味が大好きです。

でも、次の日のむくみを気にするなら控えるほうがいいです。健康のためにもね(;´Д`)

味付けの薄い、煮物系とか、そういうのにしたほうが良さそうです。

 

むくみに効く栄養素が入っているおつまみをチョイス。

むくみの解消に効果的な栄養素が入っているおつまみをチョイスします。

むくみ解消に効果があるのは、『カリウム』『クエン酸』『ビタミンE』『ビタミンB1』の4つ

 

『カリウム』は体の水分と塩分の排出。
『クエン酸』は新陳代謝の促進、体の血行を良くして、体の老廃物を排出。
『ビタミンE』は毛細血管まで血行を良くし、血流をよくして、老廃物が流れやすくする効果。
『ビタミンB1』は老廃物の回収に役立ちます。

 

これらの栄養素が含まれている食材などはコチラにまとめてあります。
『顔のむくみを解消する食べ物♪注目すべき栄養は5つ♪』

 

利尿作用がある飲み物を飲む

烏龍茶など、利尿作用があるものをなるべく飲んで、排出するようにしましょう。
余分な水分を排出して、翌朝のむくみにならないようにします。

 

お酒を飲み過ぎないようにする。

お酒を飲み過ぎると、体内の分解が追いつかなくなり、むくみにつながるので、そもそものお酒の量を多く飲まないようにするのも手です。

 

人によって適量は違うのですが、厚生労働省によると、1日平均純アルコールにして約20g程度が適量なのだそうです。
これをビールにすると500ml、焼酎だと0.6合ぐらいになるそうです。ほろ酔いくらいまでが良さそうです。

 

 

タオルでむくみ解消♪

もしそれでも、次の日にむくんでしまったら、タオルで解消する方法があります。

 

冷たいタオルと暖かいタオルを使い、交互に顔に当てて顔のむくみをとる方法です。

暖かいタオルは電子レンジで簡単に作れます。
タオルを濡らして絞ったら、電子レンジで15秒ほど温めます。熱々になると思うので、取り出すときに注意してください。

やり方は、暖かいタオルを1~2分顔に当てて、次に冷たいタオルを1~2分当てて、また、暖かいタオルをあてて…これを何回か繰り返してください。

冷やしたり温めたりすることで、血管が収縮したり拡張したりしますので血流が良くなります。
むくみ改善に効果があります。

 

まとめ

なんだかんだで、お酒を飲む機会は多いですので、
食べ物など、むくみ改善を気にしつつ飲むと少しは違うと思います。

 

ちなみに私はお酒は激弱です(;´Д`)
ここ最近だとコップ1杯飲めません。昔はもうちょっと飲めたのになぁ。

ぜひ心がけてみてくださいね!(*^_^*)

 - 簡単な小顔の方法