小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

舌回し運動で口内炎ができないようにするための3つの予防法

      2016/04/15

舌回し運動で口内炎にならないために、3つの予防法こんにちは!!愛子です♪

舌回し運動をしていると、人によっては、『口内炎』ができてしまうこともあります

『舌回し運動のデメリット』という記事にも書きましたが、私も舌回し運動のせいなのか、14日間の実践後2~3日後に、舌に4つの口内炎ができてしまいました(;´Д`)

それはもう辛かったです…

当サイトでも、舌回しで口内炎に悩む方のアクセスが多いように感じます。多くの方がお悩みなのかもしれません。

おそらく舌が歯に擦れたりひっかかり、舌が傷ついてしまい、その傷口に菌が入ることにより、口内炎となってしまいます。

あの時の辛さを味合わないために、新・舌回し運動を実践している今は、口内炎ができないようにかなり気をつかっています。

まだ実践を初めて日が浅いですが、今のところはできていません。(*^_^*)

これから舌回し運動を始めるかたに向けて、私が実践している、口内炎の予防方法やできてしまったときのおすすめのサプリメントなどを書いて置こうと思います♪

 

スポンサーリンク

 

口内炎の原因と口内炎の種類

口内炎とは、歯茎や舌などの粘膜にできる炎症反応です。
白くて少し真ん中が窪んでいるもの、もしくは平らなものがポツンとでき、1~2週間位、痛みがあります。って、説明しなくても知っている方がほとんどかもしれませんね。それぐらいポピュラーな症状です。

もし、舌回し運動で口内炎ができてしまった場合は、舌が歯にあたり、粘膜や皮膚が傷ついてしまうことが原因と思われます。

私が舌回しで口内炎ができた箇所は、舌の先2つ、舌の裏側の両端1つずつの4つでした。この場所って、見事に舌がこすれるところにピッタリだったんです(;´Д`)すんごい辛かったです。

他にも、口内炎の原因になるものは、

○ストレス
○疲れ
○ビタミンB2の不足
○口の中の菌
○ウイルス性のもの

と、言われています。

 

詳しく調べてみると、白くできる口内炎で一般的なのは『アフタ性口内炎』『潰瘍性口内炎』などがあり、痛みがあり、赤く腫れ、白い丸ができない口内炎は『カタル性口内炎』と呼ぶそうです。

そのなかでも、『潰瘍性口内炎』と『カタル性口内炎』は、そこの部分の刺激や傷つきによってできる口内炎です。舌回し運動は、このどちらかの口内炎になるのではないかと思います。

考えてみると、私の場合は、舌の裏の両側は、白い口内炎ではなく、赤く腫れているタイプだったので、カタル性口内炎ですね。

なるほど、調べるほど、舌回しが原因だったのかなと思えます(;´Д`)

 

口内炎はできてしまったら治りが遅い!予防が大事!

口内炎はできてしまったら、治るまでだいたい1~2週間かかります。その間、口の中のものに対して、痛みが走り、それを耐えなくてはなりません。もう全然食事が楽しくなくなります(;´Д`)

 

それに、舌回し運動の最中であれば、痛みで舌回しができなくなりますので、途中でやめてしまうことになります。せっかく習慣になっていても、これをきっかけに、舌回しをしなくなってしまうこともありえます。せっかく頑張っていた美容習慣がもったいないです。

なので、できないように、しっかりと予防しましょう!

スポンサーリンク

 

口内炎の予防方法

舌回しをする際の口内炎の予防では、今現在、舌回し運動を実践している私が、口内炎を予防するための方法を書きます。

①丁寧な歯磨きで口の中を出来るだけ清潔に。

もうこれが基本中の基本ですね。口の中をできるだけ清潔にして、口のバイキンを減らします。

口の菌がへれば、舌に傷がついたときでも菌が中に入り込まず、口内炎になりにくくなります。

前回、舌回しをしたときは、歯磨きをとても適当にしてました(;´Д`)それも原因だったのかと思い、今では、歯を磨く前に液体歯磨きで口をゆすぎ、糸ようじで歯の隙間を綺麗にし、それから念入りに歯を磨いています。

やたら時間はかかりますが、口内炎の痛みに比べたら全然いいですね(*^_^*)

 

②ビタミンBのサプリメントをとる。

口内炎はビタミンB2が少なくなってもできやすくなります。ですので、サプリメントで手軽に、必ず摂取するように心がけています。

私が今飲んでいるのは、DHCの『マルチビタミン』というサプリメントです。色々なビタミンと、Q10が入っているサプリメントで、お肌の状態も良くなります。
欲張りなんで、ちゃっかり他の効果も得ようとしちゃってます(*^_^*)

ほかは、チョコラBBもおすすめです。以前飲んでいましたが、口内炎ができにくい他、飲んで5日後くらいから肌がしっとりウルウルすべっすべになるんです!ぜひ試してみてください(*^_^*)

 

③早寝早起きをして健康に、体の抵抗力を高める。

体の疲れや抵抗力が落ちても、口内炎ができやすくなります。体が弱くなると粘膜も弱くなり、色々な菌に弱くなってしまいます。

ですので、早寝早起きを心がけ、体の抵抗力を高めて、菌に負けないようにしましょう♪

ちなみに、私は夜更かし大好き人間でした(;´Д`)今では夜11時に寝て、朝6時に起きるという生活をしています。

夜更かししていた時と比べると、ものすごく体が軽くなり、頭の回転も早くなり、いいことづくめです。

 

それでも口内炎になってしまったら…これがかなり効きました

口内炎にはこれが効果ありもしこれだけ気をつけていても、口内炎になってしまったら…ケンコーコムさんの『オーラルファイン』がすごく効きました。

コチラは『サプリメント』というべきものかな?飴玉みたいに舐めて服用します。口内炎に押し付けるようにして舐めるのです。痛みの軽減や治りに即効性があり、とてもおすすめです。
口内炎に効果ありこれ♪あと残りふた粒しかない。

 

私は以前から、口内炎ができやすくて悩んでいたところに、インターネットでこの商品を知りました。口コミですごく絶賛されていて、私も使ってみたところ、確かに痛みが軽減しましたね。治りも早かったように感じます。

ただ5粒で900円ほどするので、結構高いけどね!!!(;・∀・)wなので、もう口内炎がしんどくて我慢出来ない時の『ここぞ!』という時に、大事に使っていました。リピート書いしたいくらい気に入ってます。

→オーラルファインの最安値とレビューをチェック!【楽天】

 

その他、今は薬局でも口内炎の薬はでています。

有名ドコロだと、ケナログという塗り薬があります。

私自身は小学生の時にケナログを使ったことがありますが、痛みが軽減し、治りも通常より少し早かったような気がします。ただ、ちょっとザラッとしたクリームで、患部から取れやすいです。

最近使っていないので、使用感がどうだったか詳しく書けなくて、申し訳ないです(T_T)

 

あとは、トラフル軟膏というの有名ですね。こちらもCMでよく見かけます。

こういうのを試してみるのもありだと思います。

 

まとめ

色々と書きましたが、舌回し運動の口内炎に関しては、舌の傷つきが一番の原因ですので、本当はマウスピース的なものがあると、ほとんど解決するのではないかと思います(;・∀・)

あったら、欲しいんですけどね、今のところ、まだ見つけてないんす(T_T)

 

見つけ次第、買う予定ですので、そのときはまた報告しますね♪

 - 余談ですが