小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

小顔になるためにラップをお風呂で使おう♪ふっくらお肌もGET♪

   

image『綺麗になるなら、ラップを活用すべし!』

 

ってもう使っている方が多いかもしれませんね。化粧水を浸透させるために、ラップパックをしている方も多いと思います♪

 

今回は『お風呂でラップを使って、小顔に効果的な方法』です。

 

お風呂でラップパックをすれば、小顔に大敵な顔のむくみスッキリ、お肌もふっくら♪血行も良くなります。

 

これまたやり方もとっても簡単ですので、小顔を目指すために、是非試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク


小顔に!?お風呂でラップパックのやり方

では、早速やり方から書いちゃいます(*^_^*)

◆用意するもの
ラップと乳液
※できれば飲み物を飲みながらするのもおすすめ

◆やり方
①洗顔し、乳液を顔全体に塗ります(500円玉くらいの量)。

②ラップを顔の横幅くらいの大きさで2枚用意し、鼻の上、鼻の下に1枚ずつ貼ります。鼻の穴らへんの隙間を開けるようにラップを貼り、息ができるようにしてくださいね!

③その状態で10分ほど湯船に入ったら、上がって、顔についている乳液をなじませます。

④洗い流さず、そのままいつものスキンケアをします。

顔を流さないと気持ち悪いのであれば、流してもいいですが、その後、しっかりスキンケアをしましょう!

これだけで、結構汗が出て、顔がスッキリすると思います。

飲み物を飲みながらするときは、ラップの口のところにも、穴を開けてくださいね!

このラップパックの効果は?

この『顔にラップをして入浴する方法』は、顔の汗を出して、顔のむくみを取る効果が期待できます。

 

顔のむくみは小顔になるためには大敵ですもんね。

 

顔にラップをすることにより、顔の血行をよくして、リンパに老廃物が流れやすくします。

 

そして、顔の脂肪があたたまると、脂肪が血中に運ばれていきやすくなり、顔痩せの補助的なものも期待できるそうです。

 

ですが、顔痩せの表情筋トレーニングをしないと、これだけでは、脂肪がおちるとはいえないと思います。なので、必ず、日常的に顔痩せするような表情筋トレーニングをしたほうが、小顔に近づけます。

あくまで、このラップパックは『むくみ対策』がメインですね。

 

そして、乳液をつけることにより、お肌がふっくらする効果もあるんです(*^_^*)

 

スポンサーリンク

 

ラップよりも低コストな物とは?

ラップでも低コストですが、毎回ゴミがでるし、消耗品です(;´Д`)

 

ですので、ダイソーのフェイスマスクを使うと、もっと低コストになります!

image

ダイソーのフェイスマスクとは、シリコンで出来た、繰り返し使えるフェイスマスクで、スキンケアでパックをする際に、化粧水が蒸発するのをふせぎます。

もちろん100円ですので、低コスト!

 

このフェイスマスクは繰り返し使えて、なおかつ、眼、鼻、口がちゃんと穴が開いているので、とっても便利で使いやすくなっております。

お風呂でラップパックの注意点

お風呂で、このラップパックをする際に、注意点があります。それは、『水分をちゃんと補給すること』です。

 

水分が少ないとフラフラして体調が悪くなる可能性と、リンパの流れが悪くなる可能性があります。

 

水分を補給しながらパックをするか、水分をしっかり補給してから、ラップパックをしましょう!

 

口のところも穴を開けて水がのめるようにすると便利です。

 

あとは、しっかり化粧水などでスキンケアをすることです。肌からたくさん汗が出ると、お肌の水分不足にもなります。

しっかり保湿をしましょう!

その時もラップパックすると、しっかりお肌に浸透します♪

 

そして、汗をたくさん出そうとして、頑張りすぎないでくださいね!具合悪くなっちゃいます(;´Д`)私がそうでしたから…

ちなみに、ダイソーのフェイスマスクでお風呂パックをした時の実践はこちら。この時は洗顔前にフェイスパックをしています。

まとめ

ラップパック中に表情筋トレーニングや、顔のマッサージをするのもおすすめですよ♪

血行が良くなっているので、効果UPですし、時間を有効活用です。よかったら実践してみてくださいね!

 - その他