小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

小顔に写るには服も重要!?写真写りを良くする方法5つ

      2016/04/15

imageこんにちは!!愛子です♪

 

簡単に小顔に見えるシリーズが大好きな私w
今回は「写真写りについて」です♪

 

メイクや髪型をバッチリ決めたはずなのに、写真をとったら、

 

「こんなはずでは!!!」
「なんか顔が大きく写ってしまった!」

 

なんていうことはありませんか?

 

ちょっと前までは私もそうでした。鏡で見る顔と全然違うんですよね(^_^;)

 

でも、ちょっとしたコツで、本物かそれ以上に可愛く、小顔に写ることができます♪1人の時はもちろん、これを知っておけば、何人かで集まって写真を撮るときも、活用できます。

 

 

ちゃっかり小顔で綺麗に写ってしまいましょう!( ´ ▽ ` )ノ

 

 

それには、服選びも関係があるんですよ!

 

 

では、「写真写りがよくなる方法」として、写真写りがよくなる服や、写り方、ポーズなどを調べたので、参考になれば幸いです♪

 

スポンサーリンク

 

写真写りがよくなる服、アクセサリーも活用しよう!

 

せっかく写真を撮るなら、小顔に写りたいですよね(^O^)

 

 

写真写りが良くなるためには、服やアクセサリーも活用するといいですよ♪

私が思うに、写真写りで小顔になる作戦は5つ(^O^)

◯服
◯アクセサリー
◯髪型
◯写り方
◯ポーズ

1つづつ書いていきます!

 

写真写りが良くなる服とは?

小顔効果をだすためには、服の襟首と、色に注目します。

 

 

服の襟首はズバリ「深いVネック」。深いVネックで、顎のラインがシャープにみえ、首回りをスッキリ見せます。

それか、デコルテが大きめに出るような服がおすすめです。

 

 

逆に首が詰まっているタートルネックなどを着ると、顔の大きさを強調してしまうので、あまりおすすめしません。

 

 

私はタートルネック大好きで着るんですけどね…(^_^;)タートルネックは本当に顔が大きく見えます。タートルネックを着るたびに実感してますw

 

 

そして、色選びも重要です。ダークな色合いを選ぶと、顔の色との差が大きくなり、顔の大きさを強調してしまいます。

 

 

ですので、パステルカラーや白色など、明るめの色を選ぶようにしましょう!!

 

 

この記事で色について詳しく書きました。写真写りもそうですし、普段でも明るい色を着ると小顔効果があります。

参考:「小顔効果のある色とは?服の色で顔が小さく見える♪」 

 

 

特に、白色がおすすめ!
なぜかというと、白色は「レフ板効果」で、顔色を明るく見せ、華やかに見せてくれます。

 

 

白シャツで、上の方を少し開けて、首回りをVにあければ、小顔効果はバッチリですね(^O^)

 

 

光って大事ですからね(^_^)顔全体的に光が当たると、なおいいと思います。

 

 

私的には窓際で撮るのがおすすめです♪肌も綺麗に写りますよ(^_^)

 

 

アクセサリーで写真写りup!

アクセサリーも、小顔効果として力を発揮します。

 

 

顔の近くにくるピアス、ネックレス、ブローチなどをつけて、視線をそっちに誘ってしまう方法です。

 

 

アクセサリーをちょっと大きめに、インパクトがあるものや、デザインが特徴的なものなどをつけることにより、そっちに視線を誘い、顔の大きさを気にさせないようにします。

 

 

そして、大きめなものをつけると、その比較で顔が小さく見える効果もあります。

 

 

華やかにも写りますので、せっかくなのでアクセサリーをつけて写真を撮っちゃいましょう♪

 

 

ちなみに、顔型別に似合うアクセサリーやピアスがあります。
こちらにまとめておきましたので、参考にどうぞ

 

参考→「アクセサリーも小顔効果あり♪顔型別、似合うアクセの選び方♪」
参考→「【顔型別】ピアスで魅力的な小顔になれる方法♪」

 

 

ついでに髪型も小顔効果アップ!

ついでに髪型も、小顔効果を最大限に生かしちゃいましょう♪

 

 

顔の周りに髪の毛をたらし、輪郭を隠すようにすれば、小顔効果があります。

 

 

前髪もおろし、額をふんわり隠すようにすると、顔の長さを軽減させますし、目の上ギリギリにすれば目力がグッとでます♪

 

 

まとめ髪をして、大きめなピアスをするのもおすすめです♪

 

 

スポンサーリンク

 

小顔に見える写り方

次に、小顔効果をだす写り方もしらべてみました。

 

 

小顔効果をだす写り方は、真正面から写さずに、ちょっと斜めから写します。

 

 

王道なのは、 少し斜め上から撮る方法です。
顔の少し上の方から、気持ち上目使いで、適度に顎を引き、写します。

 

 

こうすることにより、目がパッチリと大きく写り、顔の長さも目立たず、可愛らしく写ります。

 

 

下手したら、全員可愛く写るんでないかなってぐらい、効果抜群の写り方です♪

 

もう1つは、斜め横から撮る方法です。
顔の左右からどっちからかカメラを構え撮ると、顔の横幅が目立たず、小顔に見えます。

 

 

その状態でカメラに顔を少し向けてもいいですし、あえて、視線を外したままでも、少しオシャレです♪

 

 

目の大きさが違う場合は、遠近法を利用して、目の大きい方を後方にするように、横からとっても良さそうです(^O^)

 

 

 

小顔に見えるポーズ

では今度は、小顔に見えるポーズも調べてみました。

 

結果、色々なポーズがありますが、全部、手の使い方だと思います。

 

1つはフェイスラインの一部分を手で隠す方法。

手で一部分隠すことにより、フェイスラインが、明確にならないため、小顔効果があります。

 

 

結構知名度が高いのが、「虫歯ポーズ」。虫歯になったときのように、片手を片方の顎のラインに添えるポーズです。

 

 

輪郭が隠れるのもありますし、頬がスッキリ見える効果があります。

 

ピースを作りながら、頬にあてても可愛くていいですね(^_^)これも小顔効果がありますね。

要は、添えてる手で少しでも輪郭が隠れればオッケーです!

 

 

もう1つは、手で遠近法を使う方法。

ピースをした手を少し前の方に出し、遠近法で顔を小さくみせます。

これ考えた人頭いいね!!

 

大勢で撮る場合での写真写りが良くなる方法

また、大勢で撮る場合での、写真写りが良くなる方法も調べました(^_^)

 

 

何人かで写真を撮る場合は、後ろにさがれば、遠近法で小顔にみえます。

 

 

そして、なるべく中央にいきましょう。端は横にすこし広がって見えることがあります。

 

 

わたしも、端に写ったときに、かなりのおデブさんに写ったことがあります。あのときのショックったらなかったよ!w

 

 

写真をとるときは、みんなで真ん中にぎゅぎゅーっと集まって撮ったほうがよさそうですね(^_^)

 

まとめ

このなかの1つでも実践したら、写真写りは良くなると思います(^_^)

 

私的には窓際で撮るのが1番おすすめです♪
3割り増しくらいにかわいく写る気がします。

 

是非服などもこだわりつつ、試してみてくださいね!

 - 簡単な小顔の方法