小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

オイルプリングの好転反応6つ、吐き気や頭痛がすることも

   

オイルプリングの好転反応6つ、吐き気や頭痛がすることも前回、オイルプリングについて書きました。

オイルプリングはとってもいい方法だと思うのですが、そのオイルプリングで『好転反応』というのがあるんです。

『好転反応』という言葉すらも全く知らなかった私。

 

簡単に言うと、好転反応とは体がいい方向に向かっているときに、出る反応なのですが、その反応が、湿疹とかその他諸々なので、知らないとビックリするかもしれません。

 

そして調べてみると、オイルプリングをした人は、わりとこの『好転反応』が出やすいようです。

 

では、『好転反応とはなにか?』『好転反応で出る症状』などを調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク


好転反応とは

ウィキペディアにこう書いてありました。

好転反応
好転反応(こうてんはんのう)とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、
治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと(反応の程度はさまざまである)。

【引用元:ウィキペディア】

体が、溜まっていた老廃物や悪いものを排出しようとした際に、一時的に出てくる症状なのだそうです。

 

一時的に出る症状なので、ソレを乗り越えれば、症状がおさまり、体がいい方向に向かっていくのだそう。

 

身近なものでいうと、マッサージを受けた際に、一時的に体がだるくなったり眠くなったりするのが、好転反応なのだそうです。

 

オイルプリングをした3分の1の方が、この好転反応がでているそうです。

 

そして、この好転反応は、体の悪いところに集中し、悪いところが一時的に悪化する感じなんですね。

ちなみに、『副作用』とは、また違うようで、副作用は、全く問題のない箇所に現れる症状のことをいうそうです。

好転反応とは若干違うんですね。

どんな症状がでるの?

では、オイルプリングをした際にでる、好転反応は、どういったものなのか?

好転反応で出る症状は

○頭痛
○吐き気
○下痢
○口内炎
○湿疹、蕁麻疹
○肌荒れ

人によって症状はさまざまのようです。

一時的…といっても、こんな症状がでてきたら怖いですよね!!

 

肌荒れはそんなに怖くないけど、吐き気と蕁麻疹なんかは、すぐに病院に行きたくなるレベル(;´Д`)

 

オイルプリングを最初始めた時に、好転反応が強くでて、徐々に症状が落ち着いていき、その後はこういった反応は出てくることは少ないそうです。

 

口コミを見てみると、

『頭痛がひどくなって、薬をのんだ』
『蕁麻疹がでた』
『口内炎がでた』

などの好転反応を感じて、一時的に辞めたりして、様子を見ているかたが多いそうです。

ですが、ソレをのりこえたあと、

『歯が綺麗になって、歯医者さんに褒められた』

なども書いていました。

乗り越えたら、いいことは待っているんですね(*^_^*)

そして、この好転反応が、どのくらいの期間続くのかが、リサーチしてもわからなかった…(;´Д`)

 

どのくらい続くのかも人それぞれなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

そうはいっても、ちょっと症状としては、怖い症状だなと感じました(;´Д`)

一応、好転反応が出るという話をしましたが、あまりにも長期間続く場合、激しい痛みの場合などは、お医者さんに行ったほうがいいと思います。

ご自身の体調の様子をみつつ、このような症状がひどかったら、安全にするためにも、一時的にやめてみるほうがいいと思います。

 - その他