小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

広頚筋のストレッチで二重あご防止!首がスラっと綺麗に♪

      2016/08/11

image表情筋を鍛えようシリーズ♪今回は『広頸筋(こうけいきん)』についてです。

 

広頸筋というのは、頸部(首)にある筋肉の一つです。この広頸筋が衰えることにより、二重あごの原因にもなります。

 

というわけで、厳密に言うと表情筋ではないのですが(;・∀・)小顔を目指す上で関係してくる筋肉だと思ったので書いてみました♪広頸筋もストレッチなどでケアしていきましょう!

 

では『広頸筋の場所と役目』『広頸筋が衰えると』『ストレッチの仕方』について、調べたので書いていきますね!

スポンサーリンク


広頸筋の場所と役割

広頸筋の場所はこちら
こうけいきんの場所この筋肉の働きで、口角を下に引っ張ったり、首の皮膚、鎖骨あたりの皮膚を上に引き上げることができます。

 

力いっぱい『い』の口の形をすると、首のあたりの筋肉が動くのがわかります。これが広頸筋ですね。

 

広頸筋が衰えると

この広頸筋が衰えると、皮膚の重みに負けてたるみになり、顎下のたるみ、二重あごになってしまったり、フェイスラインのたるみにつながっていくそうです。

 

二重あごになってしまうと、顔が大きく見えてしまいますよね(;´Д`)フェイスラインがたるむのも阻止したい!

 

フェイスラインがたるんだり、二重あごになってしまうのは、広頸筋だけのせいではありませんが、これも一つの原因となっているようです。

 

ですので、広頸筋をストレッチして、すっきりさせましょう!首もスラっと綺麗になり、首のシワ予防にも◎。デコルテもスッキリする効果や、鎖骨も綺麗に見えるようになります。

 

顔の血行もよくなり、むくみにもいいです♪

広頸筋のストレッチの仕方

では、そんな広頸筋のストレッチの仕方です。簡単にできますので、時間を見つけつつしてみましょう!

◆広頸筋ストレッチ
①正面を向いて、5秒かけて真上を向きます
②真上を向いたまま、下唇を上に向かって突き出します。
③上唇も突き出して5秒キープ
④ゆっくり元に戻します。

これ書いてて思ったんですけど、これ『オトガイ筋の鍛え方その①』と同じでした(;´Д`)

 

ということは、オトガイ筋も一緒に鍛えられるということですね。
『オトガイ筋って何?』と思った方はこちら

 

あとは、『ポリバケツ運動』も広頸筋に効果があると思います。

 

ポリバケツ運動は一音ずつ、大きな表情の動作で『ぽー!』『りー!』と発声していく表情筋トレーニングなのですが、『リ』と『ケ』のところで、広頸筋が収縮しているのがわかると思います。

 

ですので、かなり広頸筋を使っていると思うんです。

 

実際、私もこの『ポリバケツ運動』をした時は、顎の下がスッキリしたのを感じました(*^_^*)

 

ポリバケツ運動のほうが、表情筋全体を使うので、私的にはこっちのほうが、おすすめですね!是非試してみてください♪

 

広頸筋のマッサージもありました!

広頸筋をストレッチをするのもいいですが、マッサージの方法もありました。

これなら親指1本で、会社でも、どこでもすることができます。お風呂に入浴中でもすることができますね!!

 

この方もわかりやすい動画を色々配信してくださっているので、このサイトでも、何回か紹介させてもらっています。ありがたや~m(_ _)m

 

まとめ

広頸筋って表情筋の一つには入らないかもしれませんが、二重あごに関係するので、書いてみました(*^_^*)

二重あごに関係する表情筋はまだあるのですが、全部鍛えるのって大変ですね(^_^;)

 

それで、私は大変だなーと思い、表情筋を引き締める美顔器を買ってみたのですが、大成功しました♪
予想以上に見た目に効果がでたのでビックリです!
『初回限定50%オフを利用して私が購入した美顔器は、買って大正解でした!!(比較画像あり)』に写真と効果を書きましたので、よかったら見てみてくださいね!

 - 表情筋の場所とトレーニング