小顔になる方法を一挙勢ぞろい!小顔美人を目指すブログ

顔が大きくて悩んでいる私が、小顔になるためのマッサージやむくみ対策、グッズや小顔に見える髪型やメイクなどの情報、私の実践記や口コミをつづっていきます

生理前のむくみはいつから?2つの原因と5つの気をつけること

      2016/04/15

imageこんにちは!!愛子です♪

月に1回に憂鬱な日『生理』

 

生理前や生理中は、体がむくみやすい時期になります。当然、顔もむくみやすいです。

 

特に生理前って大変ですよね。食欲はでるし、むくみやすいし、情緒不安定でイライラするし太りやすいし(;´Д`)ホント厄介です。

 

そういった体や心の変化で、『そういえば生理前だなぁ』って気づいているのですが、そもそも、生理前の顔のむくみが出始めるのって、いつから?そんな疑問がわきました。

 

そこで、今回は、生理前の顔のむくみはいつからか、生理前にむくみがででしまう原因、予防法などを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

生理前のむくみはだいたいいつから?

生理前のむくみはいつからか調べてみたところ、だいたい『生理が始まる10日~12日前』なのだそう。結構早くから出てくるのね(;・∀・)

 

なので、10日前くらいになったら、いつもよりむくみに気をつけたほうが良さそうです。

 

これは、『黄体期』と呼ばれる期間で、この時期は、黄体ホルモンがブワーッと多めに出て、水分を溜め込もうとするのだそうです。

 

生理前のむくみの原因を詳しく

 

私が調べた結果、原因は2つあります。

黄体ホルモンの分泌

 

生理前に多くなる『黄体ホルモン』は女性ホルモンの一種で、受精卵が子宮内膜に着床しやすくする働きがあります。

 

効果はこれだけでなく、体の中に栄養や水分を溜め込もうとする働きがあります。この効果のせいで、食欲が増したり、太りやすくなったり、水分が溜まりやすくなります。これでむくみやすくなるということです。そして、便秘にもなりやすいです。

 

この効果は、生理中の排出される血液により、栄養と水分が失われるため、それを先に補っておくためのようです。また、妊娠しやすい期間なため、もし万が一、妊娠した時用に栄養を蓄えるという話もあります。

 

生理前のだるさ

 

生理前も生理中も、なんだかダルいですよね(;´Д`)

 

生理前にたくさん出てくる『黄体ホルモン』は、妊娠しやすくするため、体温を上昇させる効果があります。それで、体が熱っぽくなるため、だるさを感じるようです。

 

生理中は、黄体ホルモンは徐々に減ってきます。そうすると今度は体温が下がりやすくなります。体温が下がると、体が冷えて血流が悪くなり、だるさを感じるようになります。また、出血で貧血気味になるせいで、だるさを感じるのです。

 

だるいと動きたくなくなります。そうなると、体の筋肉があまり動かず、血流も悪くなり、リンパの流れも悪くなる。結果、むくみやすいというのも考えられます。

 

 

もう黄体ホルモンのせいで、体が振り回されちゃいますね(;´Д`)

 

 

生理前のむくみを防ぐためには

もう生理前の顔のむくみは、ほとんど黄体ホルモンのせいだと言っちゃってもいいかもね(;´Д`)

 

黄体ホルモンは体にとってとっても大事なものですし、これを減らすことはできなさそうです(-_-;)というわけで、他のことでむくみを防ぎます。

 

お酒を控える

お酒が大好きな方は辛いですよね(-_-;)

 

生理前には黄体ホルモンの他に、エストロゲンというホルモンも出ています。排卵期をピークに徐々に減っていくものなのですが、肝臓のアルコールを分解する力を落とす効果もあるそうです。ですので、アルコールを飲むといつもよりむくみやすくなります。

 

飲まないか、少し少なめにしたほうが良さそうです。

 

飲む際は、この記事を参考にしてください。

 

体を冷やさないこと

生理前は黄体ホルモンがたくさんありますが、生理中は黄体ホルモンの分泌が下がってきて、体が冷えやすくなります。
体が冷えると血流が悪くなり、老廃物、水分が出ていきにくくなり、むくみになるため、体を冷やさないようにしましょう。

 

それには、白湯をのんだり、お風呂に入浴するのがおすすめです。
または、酢しょうがも体が温まりますので、おすすめですよ!私も白湯も酢しょうが試してみたのですが、どちらも体が温まる効果を実感しています。

 

◆白湯についてはコチラ


◆酢しょうがについてはこちら

その他

あとは、

○ちゃんと睡眠をとる
○ストレスを溜めない
○適度に運動をする

などなど。これらは、生理にかかわらず、毎日の習慣でむくみにくくしていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

簡単にできる顔のむくみ解消法

それでも、顔のむくみがでてしまったら、簡単にできるむくみ解消法でスッキリしちゃいましょう♪

 

冷たいタオルと暖かいタオルで解消!

◆やり方◆
冷たいタオルと暖かいタオルを用意します。温かいタオルは、水で濡らした後、電子レンジで15秒ほどチンすれば、簡単に作れます。

暖かいタオルを顔に1~2分あてて、その次に冷たいタオルを1~2分当てて、また、暖かいタオルをあてて…というのを何回か繰り返します。

血管が収縮したり拡張したりするので、その効果で血流が良くなり、ムクミ解消になります。

 

スプーンで顔のむくみとり

スプーンを使って顔のむくみをとる方法もあります。冷やしたスプーンと温めたスプーンを用意し、顔にペタペタパッティングをする方法です。タオルの原理とほぼ一緒ですね(*^_^*)

 

顔のマッサージで解消

お風呂あがりのスキンケアをする際に、ついでにリンパマッサージをしちゃう方法です。私もしてみましたが、朝の顔のスッキリ度合いがぜんぜん違いました。

 

 

でもね、正直なところ、この中ではタオルのやり方が一番ラクかもw

 

 

 

まとめ

生理の時って体がだるくて、通常よりもめんどくさがりになりやすいですが、簡単なのでもいいので、実践して、むくみを解消していきましょう!(*^_^*)

 

 - その他